学ぶじかん

絶対音感とは?

絶対音感は生まれ持った才能ではなく後天的に身につけることができる才能です。
絶対音感を身につけるためには特別なレッスンが最短の道です。
鬼頭流絶対音感メソッドは子どもたちが苦労する時間を短縮するためにわかりやすく考案されています。

絶対音感は遺伝ではありません!
もし遺伝であれば、私も多くの生徒さんも絶対音感が身につかなかったはずです。

のように絶対音感を持ちながら相対音感を持っている人もいれば絶対音感しか持たない人もいます。

どちらが良いかという議論より、持っていて楽しい方がいいと思いませんか?

少なくとも私は持っていて楽しい音感です。それ以上に何が必要でしょうか?それに、音楽で使うのが絶対音感です。

全ての音を音叉のように反応してしまうなら、それは楽しくないと思います。絶対音感を持って生きづらいなら、音叉を持ってしまったのかもしれません。

音楽が楽しい絶対音感を身につけましょう♪

絶対音感と脳科学

人間の脳は、3歳までに80%、6歳までに90%が完成する

人間の脳は、3歳までに80%、6歳までに90%が完成すると言われています。脳が発達するこの時期に絶対音感を身につけるレッスンを行うことで脳は更に発達します。 

人間は「耳に始まり耳に終わる」と言われており、聴覚は、五感の中で最も早く発達します。妊娠26週ごろにはほぼ完成し、胎児は、おなかの中でお母さんの声を聴いています。生まれてすぐでも、お母さんの声はしっかり覚えていて、声が聞こえる方に顔を向けたりします。 聴覚は6歳くらいまでは発達しますがそれ以降は、必要としない音の情報を処理する脳の回路が閉じられていまいます。

脳科学では6歳までにレッスンを行うことで絶対音感は身につくとされていますが

脳の発達や聴覚力から考えても1歳〜3歳までにレッスン開始が理想的です。

私たちの脳は言語、計算、記憶、論理的思考いメージ、芸術、図形、創造、ひらめき、空間認識、情報処理能力などさまざまなことを記憶しながら機能を高めています。

絶対音感レッスンは、ピアノがラクに弾けるだけでなく記憶力、計算力、情報処理能力、空間能力などさまざまな能力へと繋がっていくため、お子さんの才能を広げることは間違いないでしょう。

「絶対音感だけでなく記憶力、計算力、創造力まで伸びた!」
「何も教えていないのに文字に興味を持ち、ひらがなが読めるようになっていた」
「落ち着きのない子だったのに、人の話をよく聞けるようになった」
「ひらがなを教えたとき、大変苦労したのでカタカナを教えるのも苦労すると思っていたら1日で読み書き出来るようになって驚きました」
「数字に強くなったようで、以前は数えていたのがパッと見て数がわかるようになりました」

「幼稚園で歌った曲を1回で覚えて、ピアノで弾いています」
「考える力がついたようで、創造力の豊かさに驚きます」
「突然頭の中で展開図が思い浮かんだようで、立体パズルを作りながらあと5つで完成すると言いながら完成させ驚きました。」

「小学校受験の公開テストを初めて受け、上位20%に入っていました」

このように音がわかるようになるだけでなく、脳が賢くなっていることを実感されています。

幼い頃の記憶が、自己肯定感を高める!

脳の記憶や空間学習能力に関わる「海馬」は、おおよそ2歳から3歳くらいでほぼ出来上がると考えられています。3歳以降になると「エピソード記憶」というものが形成され、「いつ、どこで、何が、どうした」を記憶することができます。でも、3歳までのことを全く覚えていないわけではありません。この時期は心の土台が育つ時期でもあり、潜在意識に入っていますから、思い出せなくても五感で「温もり」「懐かしさ」「暖かさ」など「何か」を感じており、これをたくさん持っているお子さんは自己価値感が高い人に成長していきます。

3歳までの記憶のない時期も、お母さんに抱っこされたり、絵本を読んでもらったり、褒められたり、笑顔を見ることで心の土台に「しあわせな感情」が積もっている感覚は残っているのではないでしょうか。

絶対音感レッスンを受けているお子さん、ピアノのレッスン曲を聞いて「この曲、赤ちゃんの時に、よくママが歌ってくれたよね! 私覚えているんだから。最近歌ってくれないけど。」と言ったのです。

レッスンの音がきっかけで、脳の引き出しが開いて記憶が出てきたのですね。本来人間の脳は忘れてはいないのだそうです。ただ、その記憶はどこにしまったかしら???という状態になるだけのことです。絶対音感で音が記憶を呼び戻すことは多いんですよ。だから、記憶力が良いのです。あなたのお子さんも歌ってくれた歌を覚えているかもしれませんよ。